遺品整理で使用する車両をご紹介します|兵庫県神戸市の遺品整理相談室

サイトマップポリシー

運搬でよく使用する車両

アルミバン
こちらが当社使用の形状です

アルミバン(荷台が箱の雨に濡れても平気な背の高いトラック)

  • メリット
    1. 荷台が箱なので外から荷物が丸見えにならない。
    2. 屋根つきなので荷物が雨に濡れない。
    3. 背が高いので、平ボディや、ダンプカーの2倍は積載できる。
    4. 当社はこちらのアルミバンを使用します。
  • デメリット
    1. 引越し車両なので、ご近所が引っ越しと勘違いされることが多い。
パッカー車

パッカー車(荷台内部でゴミを破壊やプレスしながら押し込んでいくゴミ車両)

  • メリット
    1. 機械で破砕しながら詰めるので小物はかなり積載できる。
  • デメリット
    1. 機械音や破砕の騒音が近所に迷惑になる。
    2. 大きなタンス・固いものなどはそのまま荷台に入らない。
    3. 見た目が完全にゴミ車両。
ダンプカー

ダンプカー(建設土木会社がよく使用する土などを運搬する車両)

  • メリット
    1. 岩石や土をたくさん積載してもサスペンションが下がらない
  • デメリット
    1. そもそも家財道具や遺品の運搬には向いていない。
    2. 荷物が丸見えなのでご近所の目が気になる。
    3. 荷物を上に高く積めないので、1回に運搬する量が少ない。
    4. 荷物が雨に濡れる。
バッカン

バッカン
車荷台が奪着可能なよく建設現場でゴミ箱代わりで設置して、定期的にバッカンを入れ替える車両

  • メリット
    1. 平ボディやダンプカーよりは少しだけ多く積載できる。
  • デメリット
    1. 見た目が完全にゴミ車両。
    2. 荷台が上から丸見えになるのでご近所の目が気になる。
    3. 荷物が雨に濡れる。
平ボディトラック

平ボディトラック
(荷台が丸見えの雨に濡れても平気な物を積載するオーソドックスな車両)

  • メリット
    1. 特にない。
  • デメリット
    1. 荷物が雨に濡れる。
    2. 荷物を上に高く積めないので、1回に運搬する量が少ない。
  • 0120-688-850までお気軽にお電話ください
  • ネットで簡単相談